父の日ラッピングバナー

SWANS 公式オンラインショップ

  • サングラス
  • アイガード
  • スイミング
  • スノースポーツ
  • ダート
  • パラスポーツ
  • その他
  • セール

製品のお手入れ方法について

弊社製品をより長い間お使いいただけるように、正しいお手入れ方法と保管方法についてご案内させていただきます。

サングラス

レンズに汗や皮脂・化粧品・水・海水などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷める原因になります。
ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
レンズに汚れがある場合
01. 流水でレンズ面を指でなでるようにやさしく洗い流す。
お湯でレンズを洗わないでください。
レンズを傷める原因になります。
02. レンズに残った水分を柔らかい布で押しとるように拭く。
03. 自然乾燥させる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
お手入れ方法のご注意
・偏光レンズの場合、レンズの間に挟み込まれている偏光膜は大変デリケートな為、長時間水の中で放置したり、超音波洗浄機を使用しないでください。レンズを傷める原因になります。流水でやさしく洗った後は、すぐにレンズ周辺に付着した水分をふき取るようにしてください。

・サングラスに有機溶剤(アルコール、シンナー、除光液等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。
保管方法

お手入れを行った後、付属の布袋またはケースに入れて保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。
圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。

・調光レンズは、室内や紫外線カットのガラスを使用した自動車の中などでは、レンズの色が変わらずクリアのままです。
明るい場所であっても紫外線がレンズに当たらない状況では色の変化は少なくなります。
また、気温が高い状況では色がつきにくく、気温が低い状況では色がつきやすくなります。
調光レンズは経年変化して、明るさの変化がしにくくなります。
長期間ご使用していただくために保管は、紫外線の当たらない冷暗所にてお願い致します。

アイガード

レンズやフレーム、ベルトに汗や皮脂・水などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷めたり、汚れや匂いの原因になります。ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
フレームとレンズに汚れがある場合
01. フレームからベルトを取り外す。
02. 流水でフレームとレンズを指でなでるようにやさしく洗い流す。
お湯でレンズを洗わないでください。
製品を傷める原因になります。
03. レンズに残った水分を柔らかい布で押しとるように拭く。
04. 自然乾燥させる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
ベルトに汚れがある場合
01. フレームからベルトを取り外す。
水またはぬるま湯を使用しもみ洗いをしてください。
02. 乾燥したタオルで余分な水分を取り除き、十分に自然乾燥をさせる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、
水道水で十分に洗い流してください。
お手入れ方法のご注意
・アイガードに有機溶剤(アルコール、シンナー、除光液等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。
・GDS-001,GDX-001のクッションには抗菌加工を施してありますが、永久的に効果が持続するものではありません。使用及び水洗いなどにより効果が低下する場合があります。
保管方法

お手入れを行った後、付属の布袋またはケースに入れて保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。
圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。

スイミングゴーグル

プールや海で使用した後、そのまま放置するとレンズやベルトを傷める原因に なります。ご使用後は必ずお手入れしましょう。

お手入れ方法
レンズに汚れがある場合
01. 流水ですすぎ洗いをする。
この時レンズの内側には触れないように
注意してください。くもり止めの効果が
弱まってしまいます。
02. ゴーグルをよく振って水気を切る。
03. レンズ表面に残った水を柔らかい布でやさしく拭く。
04. 陰干しで自然乾燥させる。
※汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
お手入れ方法のご注意
・スイミングゴーグルに有機溶剤(アルコール、シンナー、除光液等)を使用しないでください。製品が破損する原因になります。

・ミラー加工モデルは、ミラーコート面(アイカップ表面)にキズが入らないように、取り扱いにはご注意ください。
・PAFの効果とスイミングゴーグルの洗浄方法(動画はこちら
保管方法

ゴーグルケースをお持ちであればケースにいれ、ケースがない場合はレンズにキズが付かないように注意して保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・カビや雑菌が繁殖する恐れがあるので、濡れたままの水着やタオルと一緒に長時間放置しないでください。

ダートゴーグル

レンズに汗や皮脂・水・泥などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷める原因になります。ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
レンズに汚れがある場合
01. フレームからレンズを取り外す。
02. 流水でフレームとレンズを指でなでるようにやさしく洗い流す。
お湯でレンズを洗わないでください。
レンズを傷める原因になります。
03. レンズに残った水分を柔らかい布で押しとるように拭く。
04. 自然乾燥させる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
ベルトに汚れがある場合
01. フレームからベルトを取り外す。
水またはぬるま湯を使用しもみ洗いをしてください。
02. 乾燥したタオルで余分な水分を取り除き、十分に自然乾燥をさせる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、
水道水で十分に洗い流してください。
お手入れ方法のご注意
・ゴーグルに有機溶剤(アルコール、シンナー等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。

・レンズの洗浄方法(動画はこちら
保管方法

ゴーグルケースをお持ちであればケースにいれ、ケースがない場合はレンズにキズが付かないように注意して保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。
圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。
特にダブルレンズはレンズ剥がれの原因にもなり、レンズ間のくもりが発生する原因となります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。

スノーゴーグル

レンズに汗や皮脂・水などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷める原因になります。
ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
レンズに汚れがある場合
01. フレームからレンズを取り外す。
02. 流水でフレームとレンズを指でなでるようにやさしく洗い流す。
お湯でレンズを洗わないでください。
レンズを傷める原因になります。
03. レンズに残った水分を柔らかい布で押しとるように拭く。
04. 自然乾燥させる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
ベルトに汚れがある場合
01. フレームからベルトを取り外す。
水またはぬるま湯を使用しもみ洗いをしてください。
02. 乾燥したタオルで余分な水分を取り除き、十分に自然乾燥をさせる。
※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、
水道水で十分に洗い流してください。
お手入れ方法のご注意
・ゴーグルに有機溶剤(アルコール、シンナー等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。

・クラリテックスコート(撥水加工)レンズに汚れがある場合は、柔らかい布や付属の布袋で軽くふき取ってください。
力を入れて拭くとレンズにキズが付き、撥水性能が低下する原因になります。
汚れがひどい場合のみ食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。
また市販のくもり止めや撥水液をクラリテックスコート加工面に使用しないでください。撥水機能が低下します。

・HEATレンズ(面発熱レンズ)は、製品の構造上水洗いすることができません。
水洗いすると面発熱システムの故障の原因になります。
お手入れの際はレンズをフレームに取り付けた状態のまま、水に濡らして絞った毛羽の少ない柔らかい布で、レンズ表面を優しく拭いて汚れを取り、その後十分に自然乾燥させてください。
保管方法

ゴーグルケースをお持ちであればケースにいれ、ケースがない場合はレンズにキズが付かないように注意して保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。
圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。
特にダブルレンズはレンズ剥がれの原因にもなり、レンズ間のくもりが発生する原因となります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。

スノーヘルメット

ヘルメット表面に汗や皮脂・水などが付いた状態で放置するとヘルメット表面を傷める原因になります。
ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
ヘルメット表面に汚れがある場合
01. 水またはぬるま湯で中性洗剤を薄めた洗浄液を作る。
02. 洗浄液を柔らかい布やスポンジに含ませて、優しく汚れを拭く。
03. 水またはぬるま湯を含ませた柔らかい布やスポンジで優しく水拭きする。
04. 自然乾燥させる。
お手入れ方法のご注意
・ヘルメットに有機溶剤(アルコール、シンナー等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。
保管方法

ヘルメットケースをお持ちであればケースにいれ、ケースがない場合はヘルメットに圧力がかからないように注意して保管してください。

保管方法のご注意
・高温(40℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ヘルメットは通常使用や移動時、保管時の小さな衝撃も吸収しています。
そのため、ヘルメットのご使用は購入から3年を目安にご使用下さい。
なお、ご使用の頻度が高い場合は劣化も早いため、2年程度でのお買い換えをオススメしています。
また表面または内部に明らかな劣化が認められた場合は、ご使用回数に関わらずただちに新しいものにお買い換えください。

サバイバルゲームゴーグル

レンズに汗や皮脂・水・泥などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷める原因になります。
ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

お手入れ方法
レンズに汚れがある場合
01. フレームからレンズを取り外す。
02. 乾燥した状態で、柔らかい布で汚れを払い落とし優しく拭く。
水で洗わないでください。
製品を傷める原因になります。
お手入れ方法のご注意
・ゴーグルに洗剤・石鹸・接着剤・有機溶剤(アルコール、シンナー等)を使用しないでください。製品が破損する原因になります。
保管方法

ゴーグルケースをお持ちであればケースにいれ、ケースがない場合はレンズにキズが付かないように注意して保管してください。

保管方法のご注意
・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。
(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・保管状態によってはレンズ表面が白っぽくなる場合がありますが、これはくもり止め剤の働きによるものです。その場合は、柔らかい布等で軽く拭いてからご使用ください。

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。
圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。